We think about it everyday

Life isn’t worth living, unless it is lived for someone else.

本当は自信がない人(自分)に言いたい事

いつもは強いキャラで振舞っているけど、実は自信がない人って誰?私だよ!

 

数年前に流行った女芸人へのオマージュです、とか言って。

 

今日は先輩方に実はマイナス評価されてるって、友達が教えてくれました。

 

今までどのプロジェクトでも、中々良い評価を残してきただけあって、結構ぐさっときました。確かにその時はがっかりしましたが、今振り返ってみるとそんなにショックではなかったです。

 

その理由は多々ありますが、多分一番の理由は、その先輩たちが尊敬できないからだと思います。社会人なりたてのころは、自分では尊敬も何もしてない人に沢山詰められるのが死ぬほど嫌でしたが、今はなんて言うか、強くなったのか、まぁそう評価する人もいるよねって思ってしまいます。きっとそれは、別の現場で評価されてきたからだし、そのぶん結果に出てるからですね。まぁ、そうは言いつつも、マイナス評価をされるのは嫌ですけどね。

 

こう言う時にはいつも、こんなところにはいつまでもいられないって思います。そして、その度環境を変えようとする自分に、我慢ができないやつだな、ダメだと自己評価を下すことが、一番自分を傷つけます。

 

そしてその度に、色々やめたくなって、転職サイトを探して、頑張ろうって思います。

 

これもまた練習と思って頑張ります。

 

 

 

 

 

Your job is not your life work. Find your own happiness.

最近休日になると非常に体調が悪い。

それとなく、頭痛もするし、肩こりもするし、何より無気力になる。

今は夏だから、エアコン付けて涼しい部屋の中でひたすらに寝る。

これが今の休日の過ごし方。

「休日の過ごし方で年収は決まる」みたいな本を読んだことがあるけど、

その内容とはかけ離れたことを毎週してしまっているなぁって思う。

 

実際の僕の一週間はこんな感じだ。。

月曜日から金曜日まで、まじめに働いて、好きでもない人のために頭を下げて、金曜日の夜は同僚と21時、22時過ぎから終電まで飲む。翌日は基本的に昼過ぎまで寝ていて、一向に取れない倦怠感と無気力感に襲われて、休日をだらだらと過ごしてしまう。そして、休日の夜には、謎のやる気に満ち溢れて、これからもっと自分の生活を向上させようって決意する。それと同時に、休日を無駄にしたという罪悪感を感じている。

 

今日も例によって、土曜日の夜なわけですが、あぁ、もうこんな生活嫌だなぁって感じている。特に今日はイングランドの友達と食事をしたんだけど、そこでタイトルみたいなことを言われたわけ。

(英)「そんなに毎日働いて楽しいの?」

(僕)「う~ん、、、楽しいとかじゃないかな。。お金のためでもあるし。。」

(英)「お金、お金ってそんなに必要?今はまだいいかもしれないけど、おっさんになったら、家族サービスしないダメなお父さんになっちゃうよ?もちろん人生を充実させるために仕事って必要だと思うけど、今の日本人(サラリーマン)は、仕事のために生活しているよ。それはただのJOBであって、LIFE WORKじゃないよね。もっと生活を充実させなよ!」

(僕)「そうだよね、、、」

 

そんなことを分かってるんだよって言ってやりたいけど、いつの間にか僕も立派なサラリーマンになってしまっていて、頭がどんどん固くなってきちゃっている。毎月のお金を得るために、ただただ仕事に行く。そして、無駄に稼ぎが良い分、どんどん無駄な脂肪がついてしまう。無駄なプライド、見栄、立場、高級志向、意識の高さとか、諸々無駄が多くなってきてしまっている。

去年転職して、IT土方みたいな現場から脱してコンサルタントになれたのに、その実、給料が上がっただけで、働き方は変わっていないし、自分でもびっくりするくらい無駄なプライドが出てきてしまった。

 

僕は人生を楽しむ秘訣は、「自由になること」だと思っている。

その「自由」にはいろんな観点があって、経済的に自由だったり、精神的に自由だったり、身体的に自由だったり、僕が億劫だと感じる全てから自由になることが僕の最終的な目標だ。

 

人生をより良くしたい、より楽しみたいって気持ちはずっと変わってない。

それこそが僕を支える骨子であるから、その気持ちに恥じぬように生きていこう。

また明日も良い日であると思えますように。